ようこそ翻訳の世界へ

ようこそ翻訳の世界へ

e-GAIA SHOP

新会社設立のご挨拶

バベル トランスメディアセンター株式会社2018年2月設立


バベル トランスメディアセンター株式会社
代表取締役社長 堀田都茂樹


グローバリゼーションの進展に伴い、国内だけでビジネスが完結する時代は終わりを告げました。反動として、世界の主要国で保護主義の動きが勢いを増しているものの、長い目でみればグローバリゼーションの巨大なうねりが力を失うことはないものと思われます。

経済活動のグローバル化に伴い、多くの企業・団体でドキュメント管理の革新の必要性が唱えられるようになり、すでにかなりの時日が経過しています。国内外の顧客との契約交渉、海外での子会社管理やリスクマネジメント、グローバルな人材管理・教育、投資家への情報公開など、ビジネスの多くのフェーズにおいて、バイリンガル、あるいはマルチリンガルでのドキュメント管理とコミュニケーションが求められていることは、いまや誰の目にも明らかでしょう。教育内容の国際化と留学生の獲得にしのぎを削る大学においても、学内のもろもろの文書のマルチリンガル化が推し進められています。

一方、テクノロジーの世界では人工知能(AI)がめざましい勢いで進化を遂げています。身近な例を挙げれば、囲碁・将棋の世界でプロ棋士を次々と撃破するAIの恐るべき能力をわれわれは目の当たりにしました。十年前にはまだまだ先のことと思われていた事態が、いまや当たり前の現実として目の前に繰り広げられています。翻訳と通訳の世界においても、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、自動翻訳・通訳システムの開発が積極的に進められており、AIの進化・普及によりこの領域にも大きな変革が起きるのではないかと、多くの人の注目を集めています。

こうした経済・社会・テクノロジーの大きなうねりの中で、今年、バベルは次の一歩を進めることにしました。テクノロジーの進歩によって、かえってはっきりと自覚されるようになってきた「人間による翻訳」の価値。AIをはじめとする情報技術のメリットは積極的に享受しつつ、人間の力をより効果的・効率的に結集させることによって一層の品質向上と納期の短縮を実現し、これからの社会における新しい翻訳のスタンダードを提示していきたいと考えてのことです。

具体的には、これまで株式会社バベルの一部門として活動してきたトランスメディアセンターを独立した事業会社として発足させます。1974年のバベルの創業以来、一貫して目指してきた質の高い翻訳サービスの供給に更なる磨きをかけるとともに、従来の翻訳・通訳サービスに加え、英語研修、ドキュメンテーション・コンサルティング等についても一層の充実を図ってまいる所存です。

新会社のキーワードはマルチリンガル・マネジメント。さまざまなドキュメントを日本語・英語をはじめとする多言語で管理していく企業のサポートを目指しています。企業理念やコーポレートガバナンス、コンプライアンス等の経営の基本文書はもちろん、顧客やパートナー企業との間で締結される各種の契約書、リスク管理規程・子会社管理規程などグローバルな企業活動の土台となるさまざまな規程・規約、さらには投資家や社内外のステークホルダーに向けた各種IR文書など、多岐にわたるコーポレート・ドキュメントの管理をマルチリンガル・マネジメントの視点から統合的におこないます。

具体的なサービス形態として、「e翻訳室サービス」の構築をご提案します。「e翻訳室」は、お客様専用の翻訳室――いわば、社外に置いた「お抱えの翻訳室」です。お客様のマルチリンガル・マネジメントを、厳密な秘密保持と品質管理・納期管理のもと、IT技術も活用しながらサポートしてまいります。

e翻訳室では、インターネット大学院であるバベル翻訳専門職大学院を修了した翻訳者を中心に、経験を積んだ翻訳・通訳スタッフが高品質の翻訳サービスを安定的・継続的に供給します。翻訳者の育成からビジネスの最前線での翻訳業務の受託まで、40年以上にわたって一貫して翻訳に取り組んできたノウハウを活用して、最適のパフォーマンスを実現するとともに、翻訳資産の効果的・効率的な管理・運用もご提案します。将来的には、翻訳データの蓄積とともに深化していくAIの学習機能を活用して、お客様との協同による翻訳資産の構築も目指していきます。

今年は、明治維新からちょうど150年となる節目の年です。明治以後、翻訳を通じて近代化を図ってきたといっていい日本において、今後も翻訳の持つ重要性は変わらないものと思います。翻訳一筋に44年、一筋の道を追い求めてきたバベルは、新会社においてもその志を継続・発展させていく所存です。今後ともご支援・ご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

おやすみヨガ おやすみヨガ

リーガルコミュニケーションカレッジへ

翻訳出版カレッジへ

翻訳出版カレッジへ

Today's Topics

image01
BABEL MEMBERS 会員募集中
【無料】BABEL MEMBERS会員募集中 バベル40年の成果が特典に!
image02
おすすめオーディション
R. F. Kristi著「The Cats Who Crossed Over from Paris」
image03
東アジアニュースレター
【無料】東アジアのビジネスに関心のある方のための情報誌(毎週金曜日配信 計4回総集編)
image03
「技術翻訳者のためのPlain Japanese を実践する」セミナー
【世界中どこからでも聴講可能】訳文をブラッシュアップするための視点を身につける

あなたの翻訳出版を実現します

一覧はこちら

「7-Day Brain Boost Plan」 Gillian Eadie & Dr. Allison Lamont著

  • ★POD&キンドル出版お勧め作品!
  • 「The Cats Who Crossed Over from Paris」
    R. F. Kristi

  • かわいい猫たちが活躍する探偵物語である。 物語は、猫たちが飼い主のミッシーとともにパリからロンドンに引っ越すところから始まる。 そして引っ越し先のパリで出会った探偵を補佐する猫や犬たちと一緒に、人間に起こった事件の解決に奔走する。 形式の特徴としては、全編を通して物語を語るのが猫のインカであるという点だ。 すべては猫の視点から、活躍する動物たちの姿がその心情も含めて生き生きと描かれている。 もちろん実際に事件を解決するのは探偵や警察の人間であるが・・・・

      
    作品詳細・課題文を見る

    募集中(あと5名)
    オーディション課題提出〆切:12月20日、参加申込〆切:12月25日

公開セミナー 日本翻訳協会共催

一覧はこちら
「技術翻訳者のためのPlain Japanese を実践する」セミナー
● 講師:加藤 睦彦
● 日程: 2018年1月12日(金)18時~20時(日本時間)
● 締切:2018年1月9日(火)(日本時間)
「英字新聞を徹底的に読み解く!③」セミナー 第3回
● 講師:江國 真美
● 日程: 2018年1月25日(木) 18時~20時(日本時間)
● 締切:2018年1月22日(月)(日本時間)
リーガル翻訳能力検定試験(英日・日英) 受験対策セミナー
● 講師:五月女 穣
● 日程:2018年2月6日(火)18時~20時(日本時間) 
● 締切:2018年2月2日(金)(日本時間)

バベルの翻訳通信講座

一覧はこちら

世界中から受講可能!

  • 海外からも受講できます

  • バベルの通信コースはオンライン受講(インターネット通信受講)ですので、インターネットの環境があれば世界中どこからでも受講することができます。いつからでも受講を始めることができ、開始後はいつでも自分のペースで学習を進められます。 テキストはインターネットを通してPCの画面上で閲覧しますので、インターネット環境があれば自宅以外でもアクセスすることができます。

気になるジャンルの「無料翻訳力診断」でレベルチェック!

癒しの効果高い

  • 癒しの効果高い"絵本翻訳"にチャレンジ

  • 文字の少ない絵本。翻訳も簡単かと思うと、それが中々難しいもの。きれいな絵との調和で創り出す独特の絵本ほんやく。今回は子どもに返って楽しみながら“翻訳”してください。

    作品は『ベティ・バニー チョコレートケーキだーいすき』(マイケル・B. カプラン著/ステファン ジョリッシュ (イラスト))

 
文芸翻訳に挑戦
金融・IR翻訳に挑戦
法律翻訳に挑戦
特許翻訳に挑戦
メディカル翻訳に挑戦
コンピュータ翻訳に挑戦
中国語翻訳に挑戦
フランス語翻訳に挑戦
ドイツ語翻訳に挑戦