• 特徴

    翻訳全工程の管理をTPM資格保持のプロジェクトマネージャーが実施します。翻訳の工程管理は、原文分析、仕様確認、支援ツールの必要性を確認して、ISO17100が ガイドラインとしている以下のプロセスを踏まえて行います。なお、Reviewについては必要な場合、予算に応じて実施します。

    Translate ⇒ Check
    ⇒ Revise
    ⇒ Review
    ⇒ Proofread
    ⇒ Final Verification

  • マルチリンガルマネジメント

    企業のバイリンガル経営に関わるコーポレートガバナンス関連文書から様々な文書のバイリンガル化をサポートします。
    コーポレートガバナンスに関する基本方針や報告書、CSRレポート、定款、就業規則、子会社管理規程等、バイリンガル・マネジメントに欠かすことのできない基本文書・社内規程を経験豊富な翻訳スタッフが翻訳し、Globally Integrated Enterpriseのステージにある企業のバイリンガル・マネジメントを側面から支えます。また、 希望に応じて、翻訳データはBilingual Managementを想定して、対訳データで提供することができます。

  • 翻訳支援ツール

    CATツール、MT、TMを使用して翻訳工程を効率化翻訳支援ツールを使用して翻訳工程を効率化します。成果物は翻訳支援ツールを通じて蓄積され、継続・反復的に翻訳に利用することにより、品質の向上維持、納期の短縮、コストの低減が実現できます。

  • ワールドネットワーク

    世界の翻訳資格認定協会・機関と連携しています。バベルのグローバルネットワーク内にある翻訳大学院(Babel University Professional School of Translation)は、米国教育省が認定した教育品質認証機関(DEAC)の加盟校です。業界でも類を見ない徹底した翻訳専門職大学院として定評があります。また、世界の翻訳資格認定協会・機関との連携により、国際レベルの能力水準を満たす翻訳資格者の翻訳が受けられます。

マルチリンガルセンターとは

バベルマルチリンガルセンター(MLC)とは、米国バベル翻訳専門職大学院を修了し、日本翻訳協会の検定試験を専門分野で取得したプロフェッショナルを中心に構成された翻訳サービスプロバイダーで、専任の翻訳プロジェクトマネージャーの統括のもと、プロジェクトの結成、翻訳、リバイズ、レビュー、翻訳完了までの翻訳生産工程の各機能を十全に果たせるよう密に連携をはかり顧客の期待に応える高品質の翻訳を提供します。
米国バベル翻訳専門職大学院は以下の4つの専攻からなる専門職大学院です。

文芸翻訳専攻
金融・IR翻訳専攻
特許・技術・医薬翻訳専攻
法律翻訳・インターナショナルパラリーガル専攻

99
(株)バベル創業 創業44年
99
翻訳・通訳サービス部門発足 34年
99
米国サンフランシスコにBabel Corp. 創立22年
99
米国翻訳専門職大学院開校 18年

『東アジア・ニュースレター』

2018年6月1日号

――東アジアのビジネスに関心のある方のための情報誌――

(毎週金曜日配信    計 4 回総集編)

執筆:前田高昭  (国際金融ジャーナリス)

中国が南シナ海の軍事拠点化をほぼ完了したようだとメディアが報じる。また中国は対米戦争を考えてはいないが、将来における米国の介入コストを引き上げたいと望んでいるという専門家の見方を伝える。これに対し、米政府は政府として一丸となって対応すべき問題と意識し、中国の行動は相応の結果を伴うと警告してはいるものの具体策について未だ曖昧なままだと指摘されている。

台湾経済は主として好調な内需に支えられ、かつ昨年後半の勢いを受けて成長を続けている。昨年第4四半期の成長率は3.28%と15年初頭以来の高水準を記録し、今年第1四半期も3.02%で推移している。ただし台湾ドルが弱含み、原油価格が上昇傾向にあることからインフレに上昇圧力がかかっており、中銀にとってインフレ対策が目下の優先課題になっている。このため政策金利も上昇基調とみられている。

もっと読む

過去記事

無料購読申込み

東アジア・ニュースレターは、Multilingual Center ( 翻訳・ドキュメンテーションサ ービス ― 多言語翻訳 / リーガル・特許翻訳を専門 )が発行しております。