• 特徴

    翻訳全工程の管理をTPM資格保持のプロジェクトマネージャーが実施します。翻訳の工程管理は、原文分析、仕様確認、支援ツールの…

  • マルチリンガルマネジメント

    企業のバイリンガル経営に関わるコーポレートガバナンス関連文書から様々な文書のバイリンガル化をサポートします。コーポレート…

  • 翻訳支援ツール

    CATツール、MT、TMを使用して翻訳工程を効率化翻訳支援ツールを使用して翻訳工程を効率化します。成果物は…

  • ワールドネットワーク

    世界の翻訳資格認定協会・機関と連携しています。バベルのグローバルネットワーク内にある翻訳大学院(Babel…

マルチリンガルセンターとは

バベルマルチリンガルセンター(MLC)とは、米国バベル翻訳専門職大学院を修了し、日本翻訳協会の検定試験を専門分野で取得したプロフェッショナルを中心に構成された翻訳サービスプロバイダーで、専任の翻訳プロジェクトマネージャーの統括のもと、プロジェクトの結成、翻訳、リバイズ、レビュー、翻訳完了までの翻訳生産工程の各機能を十全に果たせるよう密に連携をはかり顧客の期待に応える高品質の翻訳を提供します。

米国バベル翻訳専門職大学院は以下の4つの専攻からなる専門職大学院です。

文芸翻訳専攻
金融・IR翻訳専攻
特許・技術・医薬翻訳専攻
法律翻訳・インターナショナルパラリーガル専攻

1974

(株)バベル創業 創業44年

1984

翻訳・通訳サービス部門発足 34年

1996

米国サンフランシスコにBabel Corp.設立 22年

2000

米国翻訳専門職大学院開校 18年

東アジアニュースレター Latest Articles

――東アジアのビジネスに関心のある方のための情報誌――
(毎週金曜日配信 計4回総集編)

筆者:前田高昭(国際金融ジャーナリスト)

  • 【ダイジェスト】
    2014年の民主化デモ「雨傘運動」の指導者だった3被告に対し、中国の香港最高裁が2審で言い渡された実刑判決を覆し、1審と同様に執行猶予を認めた。ただしメディアは、被告側に歓迎するムードはないと報じ、判決では今後こうした行為を一段と厳格に処罰する方針が改めて示されたほか、香港政府は民主化活動家の選挙出馬を阻止する構えだからだと伝え、中国と香港はいまや対立と抑圧の悪循環に陥り、香港の安定性が脅かされていると警告する。

    台湾で20年ぶりに中央銀行総裁が交代する。彭淮南現総裁が退任し、2月24日に副総裁の楊金龍氏が就任する。楊氏はエコノミストたちが選んだ最有力の後任候補で、1989年に入行以来様々な役職を経て08年に副総裁に就任していた。今後の政策については、在職期間が世界最長となっていた彭総裁の路線を継承すると見られている。

    全文を読む>>>
    ニュースは、ダイジェストと本文の2部構成です。全8500字。

    無料購読申し込みはこちら>>>
    東アジア・ニュースレターは、大阪Trans Media Center (翻訳・ドキュメンテーションサービス ― 多言語翻訳 / リーガル・特許翻訳を専門)が発行しております。

    2018年2月16日号
  • 【ダイジェスト】
    中国国家統計局は昨年の経済成長率が6.9%に拡大したと発表した。これは2016年の成長率6.7%を若干上回り、2011年から始まった成長減速の流れを変えたとされ、要因として輸出と小売り、不動産市場の好調が挙げられている。ただし、中国経済の四半期数字はあまりにも順調に推移しているとして信頼性に疑問が付され、一例として地方州が中央政府から目標の数字達成の圧力を受けていると報じられている。

    台湾政府は電力が慢性的に不足するなか、原子力発電の段階的解消を打ち出し、風力や太陽光発電を主体とする野心的な再生エネルギー計画を推進しようとしている。これには厳しい自然環境を乗り越え、巨額の資金を投入する必要があり、前途は多難とみられている。

    全文を読む>>>
    ニュースは、ダイジェストと本文の2部構成です。全8500字。

    無料購読申し込みはこちら>>>
    東アジア・ニュースレターは、大阪Trans Media Center (翻訳・ドキュメンテーションサービス ― 多言語翻訳 / リーガル・特許翻訳を専門)が発行しております。

    2018年2月2日号
  • 【ダイジェスト】
    昨年、中国は南シナ海での軍事化をフリーパスで進めたとメディアが指摘する。これはトランプ米政権が北朝鮮の核ミサイル問題の解決に果たす中国の役割を重視し、中国の南シナ海における動きについて、あえて目をつむってきたためだと批判。トランプ大統領にとって今年の大きな課題になったと主張する。

    台湾と中国との緊迫した関係が続くなか、蔡政権は軍事的拡張を続ける中国に対抗するために防衛力の強化を宣言し、兵器の開発製造に乗り出した。トランプ政権も支援の構えだが、中国は露骨に反発の姿勢をみせている。北朝鮮問題を抱えて中国に融和的な米政権がこうした中国の反発を乗り切って、どこまで台湾支援に乗り出すかが注目される。

    全文を読む>>>
    ニュースは、ダイジェストと本文の2部構成です。全8500字。

    無料購読申し込みはこちら>>>
    東アジア・ニュースレターは、大阪Trans Media Center (翻訳・ドキュメンテーションサービス ― 多言語翻訳 / リーガル・特許翻訳を専門)が発行しております。

    2018年1月5日号